脂肪肝の生活チェック

脂肪肝と診断されたら生活をチェックしてみましょう。脂肪肝になってしまう原因や改善法

症状なく進行する「脂肪肝」とは

脂肪肝と言うと、アルコールを摂取する人がなりやすいイメージがありませんか?ですが、アルコールを摂取しない人も脂肪肝になる場合があります。
さまざまな病気にも関わる脂肪肝ですが、では脂肪肝とはどういったものでしょうか。
まず、脂肪肝とは簡単に言うと肝臓に脂肪が過剰にたまった状態です。

肝臓は、さまざまな栄養素を貯めておく働きがあります。体にエネルギーや栄養素が必要になった時に、貯めておいた栄養素を使いやすい形に変えて血中に流すのです。この働きのおかげで、口にした肉や野菜が効果的に筋肉や体の組織になるのです。 肝臓には4?5%の脂肪がが貯蔵されているのは正常な状態です。しかし、食べ過ぎにより糖や脂質の摂取が増えると肝臓で処理する脂肪分が増加します。処理した脂肪分が体でエネルギーとして使われなければどんどん肝臓に溜まり、脂肪肝となるのです。脂肪肝は、肝臓の30%以上に脂肪が認められる状態のことです。 アルコールは肝臓で代謝されます。その過程で肝臓の異常が生じ肝臓に脂肪分が溜まっていきますので、脂肪肝にはアルコール摂取も大きく関係してくるのです。

脂肪肝は、アルコール性と非アルコール性のタイプに分けることができます。非アルコール性は、肥満や運動不足、偏った食生活などの生活習慣が大きく影響してきます。アルコール性脂肪肝は、個人差がありますが日本酒であれば3合以上、ビール大ビン3本以上程度の飲酒を毎日している人になりやすいと言われています。 脂肪肝の自覚症状はありません。
肝臓自体には痛みを感じないため、痛みもありません。ですので、健康診断での早期発見がとても大切な病気と言えます。 脂肪肝は進行すると手遅れとなる場合も少なくありません。脂肪肝は脂肪性肝炎の状態となり、そこから肝硬変、肝がんと進行していきます。非アルコール性の脂肪肝は、進行しないと言われていましたが同じように肝がんに至るケースもあるようです。症状が出てきた時には手遅れ、という状況になりかねません。 脂肪肝の検査方法は、血液検査とCTやエコーなどの検査を合わせて調べることができます。
また、脂肪肝の場合は治療できます。治療法は生活習慣の改善が主になってきます。

まずはバランスのよい食生活に改善することです。栄養バランスを考え、カロリー制限を行いましょう。禁酒することも治療には必要です。 運動することも大切です。いきなり運動を始めるには抵抗があるでしょうし長続きません。少しずつウォーキングなどから始めてみましょう。 症状がなく進行すると怖い脂肪肝ですが、早期発見・治療のため定期的に健康診断を受けるようにしましょう。

妻の糖尿病

2014年3月頃、妻が妊娠し、その後の定期検診の際に糖尿病が発覚しました。(妊娠中のみの場合、妊娠糖尿病とも言うそうです)。

産まれてくる子供のためにも、糖尿病を改善させないといけないとのことで、栄養士さんと、食生活の見直しのお話しをして、更に自主検査キットを購入しました。 まず、食生活ですが、今までの朝・昼・夜の3回の食事に間食を3回追加した6分食を始めました。血糖値は食後に必然として数値が上がるので、その動きをなだらかにするために6回に分けるそうです。摂取する栄養も、炭水化物は取り過ぎない程度にとか、野菜は多めにとか10g単位で定められていました。自分では絶対続けられないなと思いながら、妻は頑張って継続していました。産まれてくる子供のためにもという気持ちと、インシュリン注射は嫌だという気持ちが頑張らせたのだと思います。 次に、自主検査キットですが、これが厄介で、病院では販売しておらず、自分で探さないといけません。また、一部の検査薬(センサー)が法律で郵送が禁止されているため、お取り寄せはできず、店頭(薬局)で購入しなくてはいけません。以前はドラッグストアでの取り扱いもあったようですが、いろいろと改正があって今では取り扱っていないようです。また、価格も馬鹿にならず、機器と検査薬を揃えると数万円かかるものもあります。私は、色々と探し、1万円程度で揃えることができました。 この機器ですが、指に針を指して血液をセンサーに垂らし血糖値を計るというものです。
これを毎日繰り返し、改善が見られるかとか、その時間帯が数値が高いだとか、この食品を摂取すると数値が上がりやすいとかを調べることができます。 このように、食生活の改善と血糖値の推移を続けて、2014年12月に無事に出産しました。今では数値も許容範囲内におさまっており、どうやら妻は妊娠糖尿病だったようです。

時折テレビでもやっていますが、糖尿病はとても身近な病気です。楽観視せずに多少でも気にしてもらえれば幸いです。

糖尿病の改善の食生活

"日本人の糖尿病の患者さんの約95%が2型糖尿病です。2型糖尿病はストレス、肥満、運動不足、暴飲暴食が原因です。
中でも暴飲暴食を止めれば糖尿病の方はかなり改善しますし、まだ、糖尿病でない方は予防にもなります。

元々欧米人に比べてアジア人はインスリンの分泌が少ないですが食生活が欧米化して糖尿病の患者さんはかなり増加しています。 糖尿病には良い食事、悪い食事と言うのはありません。消費カロリーと摂取カロリーのバランスが摂取カロリーの方が明らかに大きいと糖尿病になりやすいです。 暴飲暴食を止め本来の日本人の食事。野菜とお魚中心の食生活に改善するだけでかなり効果があります。

野菜も生野菜では量が食べれないので温野菜にして野菜の量を増やして食べる。サラダなどのドレッシングは以外にカロリーが高いので少なめに。
バターやマーガリンはカロリーが高いので少なめに。コーヒーや紅茶を飲む際も砂糖ではなく人工甘味料を使用うする。

【引用元】脂肪肝サプリメント
外食などは洋食ではなく和食を選ぶようにするなど少し気をつけて消費カロリーと摂取カロリーのバランスを考えて食事を摂るだけです。

簡単なようですが欧米化しまった日本人に本来の日本食は物足りないものです。
特に糖尿病の方は自己管理が出来ない、我慢が出来ないので暴飲暴食を繰り返し糖尿病になるケースが殆どです。これが悪化したら人工透析の導入となり、透析導入になると食事制限がかなり厳しくなり苦痛な生活しかまっていません。透析導入になる前に暴飲暴食を止め健康的な食生活と運動でストレス解消されたらかなり良くなります。
Copyright (C) 2014 脂肪肝の生活チェック All Rights Reserved.