脂肪肝の生活チェック

脂肪肝と診断されたら生活をチェックしてみましょう。脂肪肝になってしまう原因や改善法

脂肪肝の食事療法について


脂肪肝とは、まさに肝臓に過剰な脂肪が溜まってしまった病気です。症状はありませんが、放っておくと肝炎から肝硬変や肝臓がんにいたる可能性もあります。 脂肪肝は日々の食生活を変えることで改善するので、状態が悪化する前に食生活を見直してしっかり直しましょう。

まず、脂肪肝は肝臓に脂肪が溜まった状態ですので脂肪分の摂り過ぎは禁物です。しかし、炭水化物(糖質)や甘いものに含まれる糖分が分解されてできた物質からも脂肪分が作られ肝臓に溜まります。
脂肪分の摂取を控え、炭水化物の摂取が過剰にならないようにバランスよく摂取することが大切です。また、トータルカロリーを制限して標準体重に近づけましょう。

脂肪分、つまり油を減らすことが大切ですので調理にも注意しましょう。蒸す、茹でるという調理は油分を使用せず調理できます。電子レンジも上手く活用しましょう。汁物は満足感を得やすいですが、塩分摂取が多くなりがちです。
ダシをしっかり効かせると薄味でも満足感が得やすくなります。


脂肪肝にはアルコール禁止です。いきなり禁酒するのが難しい人は、1日量を減らすのではなく禁酒日を増やしていくようにしましょう。 禁酒とバランスのよい食事が大切になってきますが、自己判断ではなくまずは医療スタッフの指導を受け正しい食事療法を行いましょう。

Copyright (C) 2014 脂肪肝の生活チェック All Rights Reserved.